• 遠山優里

インボイス制度導入準備


2023年10月からインボイス制度が始まります。

インボイスの記載事項、消費税の計算など、税法に則った形式でなければなりません。


もし、税法に則った形式で無い場合には、システム改修などの準備が必要です。


うちの事務所は、これまでExcelで作成した請求書をPDF又は書面で発行したり、クレジット支払の方にはスクエア社経由でご請求させていただいておりました。


また、毎月顧問料をいただくお客さまには、特に請求書を発行することなく、口座振替を利用して自動的に引き落としさせていただいておりました。


しかし、インボイス導入後はそういうわけにはいかないんですよね。。。

毎回、インボイスを発行しなければ、顧問先様が消費税の課税仕入れできなくなってしまうので。

かといって、毎回Excelで作成するとなると作業量が半端ない。

そりゃ無理だわ💦


電子データ保存の義務化の話もあるので、どんな形だと手間なくできるのか、また、売上管理もどんな方法だと効率的にできるのかなど、とにかく試行錯誤しましたが、やっぱりある程度はお金をかけないとムリですね。


私の中で検討したのが、freee、弥生、マネーフォワードの3社。


正直、freeeは使いづらい。

web上の操作は、ある程度は重たいと感じるものですが、freeeのそれは他社と比較にならないくらい重いっっ。

ダウンロードは、トイレに行って戻ってきてもまだ出来ていないというような感じです。

UIも全く好きじゃないし、他社ソフトへのコンバートはハードルが高いので論外と早々に排除。


弥生会計か、マネーフォワードのどちらかだなと、半年くらい悩みました。

確定申告期間中、顧問先の方から使い勝手をお聞きしたり、料金的なものなどを比較したりして、でもやっぱり最後は「使い慣れている」ということで弥生に決定。

弥生会計と連携可能なmisocaで請求書を作成してみます。


今年の12月まで使ってみて、「やっぱりダメだ~。」となったら、マネーフォワードに乗り換える可能性もあると思います。


弥生会計もマネーフォワードも、今ならお得にご契約が可能です。

お気軽にお問合わせください。